あなたの心と体にしあわせを運ぶ

レンコン。薬膳では食欲不振や慢性の下痢の改善にいい食材です。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
漢方薬膳について12年以上の実績とアドバイスを積んできました。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザー。 「薬になるご飯(薬膳)」で笑顔で健やかに過ごせるように。
詳しいプロフィールはこちら
この記事でわかること

れんこんの薬膳

  • 五臓のうち心・脾・肺と3つも元気にする
  • 肺に良いので咳を鎮める
  • 甘味で滋養を与える。
  • ストレスやイライラで身体の中に発生した余分な熱を冷ます
  • 慢性の下痢の改善

 

01.
れんこん

五味:甘味
五性:寒性
帰経:心・脾・肺

 

五臓のうち心・脾・肺と3つも元気にしてくれます。5つのうち3つもれんこんだけで元気にしてくれるのは、すごいパワーフードです。

 

薬膳でれんこんの味は「甘味」で、性質は「寒性」です。甘味で滋養を与えてくれて、身体の中に発生した余分な熱を冷ましてくれます。

 

一番改善がわかりやすいのは「肺」にまつわる症状です。風邪を引いて喉が痛い、熱をもっている時に「れんこんのど飴」を食べることは喉の熱を冷まして炎症を抑えてくれます。

 

次は心と脾へのアプローチの場合です。あまり知られてないかもしれませんが、心と脾(胃)にもとっても良いのです。

 

【心】不安な気持ちや不眠を改善してくれて、

【脾】お腹にも良く、調子を整えてくれますので、

精神的な慢性の下痢の改善に良い食材と言えますね。

 

02.
どんなときに食べる?

風邪を引いた時に細かく刻んでお粥に煮込んで食べると喉の炎症を改善してくれます。でも一番のオススメは風邪を引く前です。

 

 

風邪を引いてしまうということは身体の「気」が減ってしまって、風邪のウイルスを跳ね返せない状態ということです。気が減る原因はストレスであったり、気持ちや身体の疲れであったりします。

 

 

この「気」というものは脾(胃)で飲食やキレイな空気から作られるのでお腹の調子を整えておく必要があります。れんこんを食べてお腹の調子を整えておくと良い「気」が常に作られることになります。

 

 

心を穏やかにするパワーもあるれんこんですので、夜にぐっすり眠れるようにもしてくれますよ。その結果、風邪に負けない身体が少しずつ出来上がってきます。

 

 

03.
れんこん 薬膳レシピ

れんこんは寒性の食材なので冷えが気になる方は生姜など身体を温める食材と一緒に食べる、火を通して食べることをオススメします。

 

 

上でちょこっとご紹介した風邪の時の「れんこん入りお粥」は風邪を引いて喉が赤くて痛い時に本当にオススメ!お粥の重湯(お粥の汁)は弱った身体の滋養にとってもいいのです。

 

 

重湯の甘味が病気で弱った心と身体を癒します。そしてお米は「気」をたくさん与えてくれます。お米を主食としてきた私たちが元気を取り戻すにはやっぱりお米を食べることがいいような気がします。

 

 

● れんこんのバタポン炒め

  • れんこん200gぐらいで、火の通りが早いように2〜3mmのイチョウ切りか輪切りにする。切るのが大変なら切ってあるものでOK。
  • フライパンに有塩バター10gと焦げ付きそうなら少しのサラダ油を熱してれんこんを炒めます。塩コショウ少々。
  • れんこんに火が通ったらポン酢大さじ1ほどを回しかけて青ネギをパラっとで出来上がり。

バターは潤い効果です。喉にいいので、れんこんと一緒に食べて薬膳パワーアップです。

 

 

まとめ:れんこん 薬膳では食欲不振や慢性の下痢の改善にいい食材です。

  • れんこんは昔から喉の腫れや炎症にいいのです。熱を冷ます効果と風邪や咳と関係のある肺を潤してくれます。
  •  意外にも?肺以外に心(不安感や不眠の改善)と脾(胃腸の調子を整えて、元気の気を作る)にもいいのです。
  • 心の不安感からくるお腹の不調の改善にも。定期的に少しずつ食べてみてくださいね。

 

体調を整えるお手伝い「薬膳エネルジーア」やってます。

体調を整えるお手伝いをしています。

 

体質改善 薬膳 漢方

 

体質や(その時の)体調と食材とのマッチングが薬膳ではとても大切です。
今のこの心のゆらぎ、体調だから「この食材とあの食材を組み合わせよう」そして不調をケアする。

 

このマッチングは漢方薬膳をみっちり勉強しないとなかなか難しいのです。
「ツイッターや何かで見たけど、こうだろう」では間違える確率が高い。なぜならその情報は他大勢に対しての発信だからです。オーダーメイドではないのです。

 

 

食べるものを間違えると逆効果になってしまい、しんどさがさらに出てしまうことも。

 

そうならないように私がお手伝いしていきます。
不調の時に「あれ食べる?これ食べた方がいいの?」なんて、しんどいのに考えてられません。
そこを私が引き受けます^^

 

不調をどうやってケアしようかと考える時間や病院に行く時間を自分の自由な、好きなことを出来る時間に変換する。

 

今まで掛かっていたお薬代でカフェでお茶したり、我慢していた好きなものを買う。 時間とお金をもっと自分の楽しみのために遣いましょう!

 

不調をケアするためのやり取りは残るので、サポート終了後もそれを見返すことで不調をコントロール出来るようになります。
1度サポートを受けると一生モンになりますね。
一生モンにして頂くのは私のミッションでもあります。

 

食事を薬膳(薬になるご飯)にちょこっと変えて毎日を楽しく過ごす。
8割の方がサポート期間30日以内に体調の嬉しい変化を実感されています。
↓詳しく知りたい方はこちらからどうぞ♪

体質改善 薬膳 漢方

 

500円で薬膳を作る専門家 LINE@chiSa

この記事を書いている人 - WRITER -
漢方薬膳について12年以上の実績とアドバイスを積んできました。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザー。 「薬になるご飯(薬膳)」で笑顔で健やかに過ごせるように。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 薬膳スマイル日和 , 2019 All Rights Reserved.