あなたの心と体にしあわせを運ぶ

牡蠣(かき)の薬膳。イライラ・不安感・不眠などの精神的なしんどさを和らげてくれます。

WRITER
 
牡蠣はストレス耐性を作る薬膳
この記事を書いている人 - WRITER -
漢方薬膳について12年以上の実績とアドバイスを積んできました。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザー。 「薬になるご飯(薬膳)」で笑顔で健やかに過ごせるように。
詳しいプロフィールはこちら
この記事でわかること

牡蠣(かき)の薬膳

  • 血を補うので気持ちを安定させてくれる食材(貧血にもいい食材になる)
  • 不眠や慢性疲労にもいい
  • 定期的に食べるとストレスに強い体を作ってくれる
  • 薬膳では腫れ物や腫瘍を柔らかく小さくする作用があると考える

 

牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれるぐらい心身を滋養してくれる働きが知られています。

チサ

01.
牡蠣のいいところ

五味:甘味・しおから
五性:平性
帰経:肝・心

牡蠣は血を補って、精神を安定させてくれる食材です。

 

血(けつ)というのは精神活動の源、身体の栄養になります。その血が減るとイライラしたり、不安感、不眠などが起こります。

 

同じように血を補ってくれる食材は他にもありますが、牡蠣は帰経(生薬や食材が身体のどの部分に影響があるかを表したもの)がストレスに大変関係のある肝、不眠に関係のある心です。

 

定期的に食べておくとストレスに負けない身体と心を養っていけます。

 

五味、味は身体と心を優しくいたわってホッとさせてくれる自然の「甘味」硬いものを柔らかくすると漢方薬膳では考えられている「しおから」です。

 

この「しおから」が腫れ物や腫瘍を柔らかく小さくする作用があるということです。

 

私は乳がんを経験してますので、牡蠣が出回る時期は本当によく食べます^^

 

02.
牡蠣と一緒に食べると良い食材

生牡蠣を食べるとき、レモンをキュッとかけますね。

 

ストレスでイライラしがち人にはとてもいい組み合わせです。

 

イライラすると頭から血がどんどん蒸発します(頭から湯気が出る、という表現がありますがアレです)。

 

牡蠣で血を補って、レモンの爽やかな酸味で「気」を巡らせて&血を巡らせるです。イライラの熱を冷ましてくれます。

 

血だけでなく、気でも水でもそうですが増やしたら流す、です。

 

増やすことだけやってると詰まる、になり体調を崩してしまいます。ですので、食べ物の組み合わせを考えることが大切、になります。

 

牡蠣とほうれん草のシチューの組み合わせはとてもいいです。

 

ほうれん草も血を増やしてくれますし、鉄分や貧血予防、乾燥肌にもいいです。お肌の血色をよくしてくれるので華やかな顔色になります。

 

牡蠣と豆腐のお鍋を私はよくします。豆腐の優しい甘味が心の乾燥を防いでくれますし、潤いを与えてくれます。ネギと生姜もたっぷり入れます。

 

ネギは気血を流してくれる&身体の保温なので冷え性の私には欠かせません。ぷりっとした牡蠣をゆずポン酢で食べると幸せ♪

 

●こちらの記事もオススメです。

 

ピーマンは気持ちの落ち込みによく、心を穏やかにする食材です。

 

大根は気の巡りを良くする食材。イライラからあなたを救う食材です。

 

500円で薬膳を作る専門家 LINE@chiSa

この記事を書いている人 - WRITER -
漢方薬膳について12年以上の実績とアドバイスを積んできました。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザー。 「薬になるご飯(薬膳)」で笑顔で健やかに過ごせるように。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 薬膳スマイル日和 , 2021 All Rights Reserved.