薬膳で体質変えよう専門家

薬膳では大根は気の巡りを良くする食材。イライラからあなたを救う食材です。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「500円で薬膳を作る専門家」宮崎智佐です。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーです。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

子供のころ、大根をすりおろすのは私の役目でした。祖母に「邪魔くさがって、おろした大根はめちゃくちゃ辛くなってしまうんやで〜美味しくないんやで〜」とお手伝いを嫌がる私に良く言ってたのを思い出しました笑

 

でもこの「辛味」が薬膳としてはとてもGood!なんです。イライラで流れが悪くなった「気」を発散させるのが辛味。辛味の中にほんのり甘味も感じませんか?この甘味は身体を癒してくれます。

 

大根はイライラ以外にも大活躍してくれます。

 

大根には消化の促進作用もありますので、「今日はちょっと胃がもたれてるなぁ」って時にもピッタリの食材。お腹のハリの改善にもいいです。

 

胃のもたれやお腹のハリは身体の中に悪い熱が発生している状態でもあるので大根がその熱を冷ましてくれます。喉の不快感や口内炎などの改善にもオススメです。

 

 

大根は漢方薬膳でみると秋にこそ食べたい食材です。

 

漢方では秋に対応する色は「白」になります。秋は白い色の食材を食べることをオススメします。

どうして秋は白い色の食べ物がオススメなの?

しろたん

 

白い色は潤いの色になります。暑い夏に汗をたくさん流した身体の中は乾燥に傾いています。このままにしておくと潤い不足でお肌が乾燥したり、空咳、便秘の原因になりますよ。

 

大根の薬膳パワーをたくさん引き出すために一緒に食べるといい食材とは?

 

  • 大根おろし + おじゃこ

おじゃこでカルシウムをプラスすれば、イライラからあなたをいっそう守ってくれます。

「おじゃこ」は気血を補ってくれます。気はエネルギー、血は身体の栄養なのでこれが補給されれば、「もういいわ!私にはどうってことないわ♪」と思えるようになりますよ^^

 

  • 大根 + お味噌

お味噌も薬膳では「身体の中にこもった熱(=イライラ)を冷ます」なのです。大根もお味噌も漢方薬膳では身体を冷やす食材なんですね。だから温かいお料理で頂くのがいいです。大根のお味噌汁がオススメです。

 

私はお味噌汁が大好きなんです。お味噌汁を飲むとホッとしませんか?グランディング効果。気持ちが落ち着きます♪

チサ

  • 大根 + 納豆

納豆に大根を入れるだけです(笑)これはめちゃくちゃカンタン&優秀な薬膳になります!大根は身体をちょっと冷やす食材になりますが、納豆は温める食材です。

 

納豆は血の巡りを良くする働きがあります。大根でイライラを発散させて、納豆で身体の隅々まで血を行き渡らせれば元気が湧きます。漢方ではイライラすると身体が冷えると考えます。そして身体が冷えるとイライラします。無限ループに陥ります(>_<)

 

そして力が入って固くなります、それが続くと肩こりなどの「こり」が出ます。こういう「こり」は血の流れが悪くなっていることでもあるので納豆はその流れを良くする働きもあります。

 

血の流れが悪いと目の下のクマやシミが目立つようになったりしますから要注意ですね!

 

まとめ:薬膳では大根は気の巡りを良くする食材。イライラからあなたを救う食材です。

 

  • 今日の一言「イライラしたら大根をすろう!大根おろし食べよう!」です。
  • 大根の辛味はイライラを発散させて、詰まった気を流し、スッキリさせてくれます。
  • 大根のような白い色の食べものは身体に潤いを与えてくれます。
  • 大根におじゃこやお味噌や納豆をプラスするだけで立派な薬膳になります。めちゃくちゃカンタン☆

 

500円で薬膳を作る専門家 LINE@chiSa

この記事を書いている人 - WRITER -
「500円で薬膳を作る専門家」宮崎智佐です。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おうちで漢方薬膳 , 2019 All Rights Reserved.