薬膳で体質変えよう専門家

プロフィール

 

こんにちは!
【500円で立派な薬膳を作る専門家】宮崎智佐です。

私は日本漢方養生学協会認定
・漢方カウンセラー(これは協会が認定する漢方の資格の中で最高位です。)
・養生薬膳アドバイザー(こちらも協会が認定する薬膳の資格の中では最高位です。)
の資格を持っています。
★認定証です。漢方カウンセラー(漢方臨床指導士)は盾になってます^^

 

こんな人はいませんか?
・何を食べるか、食事の内容って大切だと思ってるけど忙しいし、料理って苦手なんだよね^^;
・食材揃えたり、時間をかけて料理するって邪魔くさい、お金をかけたくない。
・チャチャっと作って食べて、大好きな海外ドラマ観たり、ゲームしたい。
そうでないとストレスたまる。
お惣菜やコンビニ弁当でも組み合わせで薬膳になるの?それ良いじゃん!教えて!

私はこんな人に「たった500円で薬膳が作れる」レシピや美味しさと面白さを提供していきます。

 

なぜ宮崎智佐に教えてもらったほうがいいのでしょうか
他の薬膳やってる人でも良いんじゃないの?って思いますよね。

 

確かに私より知識や経験が豊富な先生方がたくさんいらっしゃいます。
でも、宮崎智佐自身がまさに上の表でいう「こんな人」なので
●どうすれば簡単にお肌に良い薬膳を作れるか?
●どうすれば安い材料で心や身体が元気になる薬膳を作れるか?
を日々考えています。

あなたが「こんな人」だったら、私はあなたの気持ちがとてもわかるのです。
だから私、宮崎智佐に頼ってください。

 

「漢方カウンセラーってなに?養生薬膳アドバイザーってなにするの?」

 

 

いろいろとお話する前に「漢方カウンセラーってなに?養生薬膳アドバイザーってなにするの?」と
思われた方も多いのではないかと思います。
私が説明するより、協会のホームページをご覧頂くのがわかりやすいと思いますので
日本漢方養生学協会のこちらのページをご覧ください。

 

漢方カウンセラー(漢方臨床指導士)→こちら
養生薬膳アドバイザー(漢方養生指導士)→こちら

漢方と薬膳の二つの資格を持っていて、しかも最高位の資格。
これは私の唯一の自慢です。
なぜなら本当に必死に勉強したんです。
私が自慢できるものはコレだけなんです、だから自慢させてください。

 

漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーとしての実績

 

 

  • 2014年 春から半年間
    イオンカルチャークラブ大阪ドームシティ店
    漢方薬膳のクラスを担当。
  • 2014年
    大阪中崎町にあった大人気カフェ「caneton」さん
    オーナー様から漢方薬膳のワークショップのご依頼を頂き開催。(3回)
  • 2017年
    ツイッターを活用し、小さな漢方薬膳ワークショップのご依頼を頂き開催。(2回)

■現在、ワークショップやセミナーのご依頼を絶賛募集中です!■
・ママ友の集まりで一食500円10分で出来る時短薬膳のご提案。
これで忙しいママにも自由な時間が出来ます。
・「うちの会社は忙しくて独身者が多いからちゃんと食べてるか心配なんだよね」という社長様、オーナー様からの
ご依頼には、身体と心の健康のためにコンビニでおにぎりを買うならコレ。
スーパーで買い物して自炊するならコレ、のアドバイス。
・「思春期のお子様の心を穏やかにするおかずが知りたいわ」のお母様へのカンタン薬膳の献立をご提案。

下記のフォームからお申し込み下さい。

 

私、宮崎智佐はこんな人です。

 

大阪生まれの大阪育ち。
2018年6月現在、50才です・・・あぁ、半世紀。

 

半世紀を生きた割にはあまり語れるものもなく、(漢方以外は)
でも興味が沸けばやってみたくてウズウズするし、
「あたしはまだまだいける!出来る!」と信じて疑ってません。
飛び込んでから考えるタイプでもあります。

 

<座右の銘>
やらない後悔より、やる後悔

 

 

じゃ、活発か?と聞かれると、すんごいインドアです。
獅子座(太陽星座)、ライオンだから自分の縄張り、陣地、つまり家で過ごすのが大好きなんだわ!
ガオ〜!と思ったりしています。
(数年前に占星術に興味を持ったことで、これまた自分を理解できたように思っています。
ここから少し占星術の話が入りますが、素人なので解釈が違っていてもご愛嬌でお願いします。
なんかね、こう思うことで自分が少し解放されるのです。
だから大目にみてください)

 

外出しても初めての場所に行くよりは行きつけのお店でお買い物や、お気に入りのカフェで
本を読んだりするのことに幸せを感じるタイプ。
美術館や博物館も大好きですが、お気に入りの場所でないと行ってもゆっくり過ごせないです^^;

 

かと言って物静かというのではなく、華やかなこと、目立つことが好きだったりもします。
ややこしい性格してます。
若い頃は「みんなみたいに積極的にいろんなところへ行かねば!輝かねば!」みたいな
気負いがありまして、これが実はとってもしんどかったです。

 

こういうしんどさは太陽星座が獅子座に対して、月星座が射手座のせいもあるのかな?
太陽星座(私の基本)が「不動宮(物事をその状態でキープする)」に対して
毎日の気持ちに影響する月星座が「柔軟宮(自分の知らないもの、未知なものを探して冒険の旅に出るのが好き)」
の射手座で相反する感じなので私自身が気持ちの狭間でしんどかったような。
(なんか”ええカッコ”したかったのもあるのかな←獅子座 あるある)
本当は好きな場所、”いつもの”場所でずーっと過ごしたかった、
外出も別に好きじゃなかったのに。
母に「若いくせに家にじっとおるなんて根暗やな、そんな娘イヤやわ」って言われるのが辛くて
頑張ってたのもあります。
でも歳を重ねてようやく自分の中で折り合いを付けれるようになりました。
素直になれて楽になってきました。

母に何を言われても、もうこの歳では関係ないし。
ついでに言っちゃうと私は両親、特に母と全く気が合いません!
去年の春ぐらいに叔母を通して父が会いたいと言って来ました。
「親も年だし、私も年だし、親孝行はやっぱりしないといけないな」なんぞという仏心が出ました。

・・・。
・・・あのね、親子だからって合わないものは合わない(←結局、凄まじい喧嘩をした娘です)
顔を合わさない方がお互いのため、幸せっていう関係もあるのですよ。
人はね、無責任に「親子なのに、アナタを産んで育ててくれた親なのに」とか言って来るけど無視ね。
アナタや私が今、この時を幸せに過ごすことに全力を注ぎましょう!
それが親孝行にもなります。

アナタや私が幸せでいつも笑顔でいることが周りの人の幸せに繋がります☆

 

 

そうこうしているうちに41才で乳がんになりました。

 

乳がんになる一年半?ぐらい前から身体の冷えを強く感じるようになり、
夏場も電気毛布を入れて寝ていたことも(←異常ですね。)
謎の高熱や急性胃腸炎など体調が怖いくらい崩れて行きました。
漢方では「気血水のバランスが崩れると体調も崩れる」と考えます。
もうバランスも何も無い状態でした、ぐちゃぐちゃですね。

いろんなストレスが一気に押し寄せた頃なので体調が崩れたのは理由アリです。
でも「なんで私が乳がんに?」と悶々とした思いを抱えながら
入院、手術、そして治療を続ける日々を過ごしていました。
幸い、乳がんは初期段階でしたので抗がん剤治療は免除されました。
でも再発防止のためにホルモンのお薬を飲むことに。
これがとてつもなく辛かった。

飲んだ翌日朝から体の節々が痛み、気分の落ち込み、だるさで
ベッドから起き上がることが出来ませんでした。
でも本当に辛くて辛くて3日目にして、
「全然楽しくない、もういいや、再発して死んでしまってもいい。
今を楽しく自分のやりたいことをやろう。
薬を飲んでから寝たきりだ、気分も落ち込んで家族に八つ当たり。
このままだと自殺するかもしれない・・・」と思いました。
ホルモンのお薬でこの根性の無さです。
抗がん剤治療を受けてたらきっとここにいませんね。

 

で、早速主治医の元へ。
どうにもこうにも苦しくてイヤだ、先生お薬やめます。
と話したところ「漢方薬と併用して飲んでみては?副作用を和らげてくれると思うよ」と。
でも私の気持ちは決まっていました、もうお薬は飲まない。
主治医も「そんなに辛いならやめましょう、いいですよ。」と。

 

これをきっかけに自分自身の体質や性格、生活習慣、食べ物の好き嫌いを
じっくり見直してみました。
魚が嫌い、甘いものが好き、体温が低い、仕事は残業が多すぎる、気が短い、
人に対してキツイとか、人の考えを「そういう考え方もあるね」と素直に受け入れられないとか 笑
親と確執がある、お付き合いしてた彼に嫌われないように神経使ってたとか。
この彼とは乳がんがきっかけで別れました(私が乳がんになったことでビビったのか、
もともとそんなに私のことは好きではなかったのか?!)
もう本当に色々と。

 

いろいろ考えてて、ふと、「がんのお薬の副作用を軽くする漢方薬ってすごいな?え?」と。
漢方薬って長く飲まないと効かない、あんまりアテにならない印象しかなかったので
ちょっと興味が湧きました。
そんな時に薬日本堂という漢方ブティックが大好きな阪神百貨店に入っていることを知り、
行ってみることに。
そこで漢方のワンデイセミナーのチラシを見つけました。

 

一日だけなら気楽に参加出来るからいいなと。

 

 

この一日がその後の私の人生を大きく変えることになるとは!!

 

 

学んでいくうちに自分が乳がんになった訳が腑に落ち、あっという間に漢方にハマってしまいました。
(乳がんになった原因を主治医に聞いたけど覚えてなくて、
それはきっと自分で納得出来る内容ではなかったからだと思います。
あ、ちなみに私の主治医はとってもいい先生で本当に感謝しています。)

 

 

漢方の先生に手術をした(乳がん)を見破られるの巻

 

 

ワンデイセミナーで漢方に興味が湧いた私は早速「初級講座」で学ぶことに。
講座初日に舌診(ゼッシン)というのがあり(舌には体調や心の状態がびっくりするぐらい現れます)
先生に「半年ぐらい前に大変なことがあったね?今は体調はどうですか?大丈夫?
よく頑張ったね。」と言われたのです!

 

うっそ!なんでわかるんですか?せんせー!!

 

これはヤバイ、絶対に勉強しよう!漢方、ヤバイ!と思いました 。
漢方を学ぶことで自分の心と身体と向き合えるようになったし、
「心と身体は”自分”なんだ。自分を知らなさすぎる。」という意識がはっきりしたと言うか。
きちんとケアをしないといけない、抱きしめてあげないと!愛してあげないと!と強く気づきました。
毎日の過ごした方が大事なんだと同時に毎日のご飯が大切なんだということも痛感。
毎日のご飯が先々の私の心と身体を作るから。 それからは漢方と薬膳の勉強がますます楽しくなって行きました。

 

私の使命・ミッション

 

私は漢方薬膳にたくさんの時間とお金を費やして学びました。
勉強が大変で、もうムリ〜!いや〜!な時もありましたが
自分の身体のことがどんどんわかること、変化していくことに驚きと嬉しさを感じ、
漢方の奥深さにどんどん惹かれました。
これは私の宝物です。
乳がんになったけど、でもこうして生きている。
今は勝手に「私には何か使命が、与えられたミッションがあるんだわ」と感じています!
それがこのブログです、漢方薬膳の情報発信です。

 

 

体調不良やお肌のトラブルに悩むあなたに漢方薬膳のパワーだけでなく
「一人で悩まないでね、寂しく過ごさないでね」
という思いも届けたい。

 

このブログは1分程度で読めて、10分~15分で作れる薬膳メニューや
ちょっとした日々の過ごし方のヒントをお届けしたいと思います。
もちろん、私自身もとても気になるアンチエイジングのお話も
たくさんお届けしたいと思っています。

どうぞ末永くお付き合いください。

 

漢方カウンセラー
養生薬膳アドバイザー
宮崎智佐

Copyright© おうちで漢方薬膳 , 2018 All Rights Reserved.