★少ない食材で豊かな食生活(薬膳)を実現させる★

漢方薬膳プロがやってみた!ぐっすり眠るための5つのコト【冬〜Winter〜】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
★少しの食材で豊かな食生活を実現させる★ これが私、宮崎智佐のビジョンです。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーです。
詳しいプロフィールはこちら

 

毎日忙しく働いて、家に帰るとぐったり。だから当然お布団に入ればバタンとアッと言う間に眠りに落ちて朝までぐっすりだ!・・・と思っていたら。

 

お布団に入ったとたんに目が冴えてくるし、なんだか色々頭の中に浮かぶし、寝返りばっかり、夢ばっかり見る。時計はチクタクと煽ってくる笑

 

あぁ、それ私だわ、と思った同士よ!快眠に向けて私が取り組んだことをお伝えします!

 

 

01.
朝・昼・寝る前と
意識して深呼吸をする

 

 

不眠に悩んでいる人は呼吸が浅いことが多いです。私もそうです。私の場合は昼間の仕事で忙しいとき「うっ」と息を止めてる瞬間がありました^^;

 

大きく深く息をする、呼吸をすると言うことは身体の隅々まで、頭のてっぺんまでを酸素が巡り、血が巡り、緊張をほぐして自律神経を整えてくれることになります。

 

朝、起きたときやお昼休み、仕事を終えて会社を出た時、眠る前の数分に意識して深呼吸をすることで「夜にぐっすり眠るための」準備が出来るような気がします。

 

 

02.
お休みの日も平日と
同じように過ごす

 

 

寝溜め。してませんか?笑

 

 

平日ぐっすりと質の良い睡眠がとれてない、そのせいで1週間が終わるとドッと疲れて土日は朝10時ぐらいまで寝てしまってました。なのにスッキリしない!!

 

 

月曜日〜金曜日まで朝7時に起きてるのに土日は10時まで寝てる。生活リズムが一定に整った頃にガタンと崩れる。急に3時間もオーバーして寝ちゃう。この繰り返し。

 

 

起きて「はぁ〜疲れた・・・」ってしょっちゅう言ってたよね???寝溜めしても疲れが取れてないんだ。

文鳥ちゃん

 

この「リズムがガタン」と変わるのって身体には負担なんですね。え〜!せっかくええ感じで来てたのにひっくり返さないでよ〜!と言うことなんです^^

 

 

ちなみに頭痛・偏頭痛をお持ちの方は特に寝溜めやお昼寝は控えましょう!ちなみにお休みの日に頭痛・偏頭痛になる方はリラックスよりリフレッシュしてくださいね。

 

 

03.
冬は五臓:腎の季節
お腹と腰回りをしっかり温める

 

 

この記事は「冬の不眠解消」について書いてます。季節によって養生が変わります。春には春の、秋には秋の不眠解消の仕方があります。(これからアップしていきますね。)

 

 

冬は漢方でいう陰陽の陽が身体の中からどんどん減る季節です。代わりに陰が増えやすいです。陰は「静か、冷たい、暗い、夜」などがそのグループに入ります。

 

 

そして冬の五臓は腎。腎は冷えや寒さにとても弱い臓器ですが生命エネルギーを蓄えている臓器でもあります。ここが冷えすぎると心が不安定になって(この説明は別の機械に)ザワザワして不眠の原因にもなります。

 

 

腹巻きや毛糸のパンツを履いてしっかりと腰回りを温めてくださいね。

 

 

 

04.
寝る少し前に
マグカップ1杯のお白湯

 

 

お風呂に入って身体が温まったのに足先や肩が冷えて来たよ〜!冷えて眠れないよ〜!という冷え性さんは本当にオススメです。

 

 

温かいお茶は利尿作用があるので、せっかくいい感じで寝てるのに「あ・・・トイレいきたい」で目が覚めて、悔しい思いをしますね。カフェインで目が冴えますし、珈琲も控えましょう。

 

 

お白湯はお腹をじんわり温めてくれます。身体の中心があったまると緊張がほぐれて眠りに入りやすくなります。あ!深呼吸も忘れずに!ですよ^^

 

 

温かいものが食道を通るとき、胸の中がじんわりあったかくなるのを感じますね、これがとっても大事!声に出して「はぁ〜あったかいなぁ」と言ってみて下さいね。

 

 

05.
不安な気持ちを
和らげるための薬膳

 

 

● 白菜と黒きくらげ、たまごのスープ

 

不眠解消 漢方薬膳 薬膳エネルジーア 

 

  • 白菜1/4、小松菜2束、黒きくらげ(好きなだけ)、たまご1個、鶏がらスープの素(お好みの味で)
  • 白菜と小松菜はザクザク切ります(ザクザクと言いながら切ると気分転換になります)
  • 黒きくらげはお湯で戻しますが、とっても増えるので注意が必要(笑)コリコリして美味しいのでたくさん食べてOK!これも適当な大きさに切ります。
  • お鍋にごま油を大さじ1ぐらい入れて材料を軽く炒めてください。
  • 500mlのお水を鍋に入れて鶏がらスープを入れます。
  • 火を止めて溶き卵を回し入れて完成!

 

食材それぞれのパワー紹介
●白菜
水分代謝を良くしますし、胃腸の調子も整えます。水分がたっぷりなので
血になる水分を確保!

●小松菜
イライラの改善に良い野菜です。心に芽生えたイライラの熱を鎮めて穏やかにしてくれます。

●たまご

卵黄は体液や血液を補ってくれます。卵白は心の働きを良くしてくれて不安感の解消。

 

黒きくらげが気になったあなたにはこちらもオススメです。
https://chisa-happykanpo.com/blackuricularia-auricula-judae/

 

 

ぐっすり眠るためには「血(ケツ)」が必要です。身体の中にたっぷりの血があると精神が安定します。気持ちのザワザワを和らげてくれます。

 

 

血は目を使いすぎると蒸発して減っていきます。私たちは昼間、たくさんの物を見て目がとっても疲れているのに寝る前までスマホを見ていては血が減る一方ですね。

 

 

目を休めて、眠るための血を準備しましょう!

 

今夜はぐっすり、夢も見ずに熟睡できますように・・・。

 

体質改善サポート 【薬膳エネルジーア】やってます。

 

改善したいところをお伺いして、薬膳レシピや漢方に基づいた過ごし方などをアドバイス&サポートさせて頂きます。
↓もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ♪

体質改善 薬膳 漢方

 

500円で薬膳を作る専門家 LINE@chiSa

この記事を書いている人 - WRITER -
★少しの食材で豊かな食生活を実現させる★ これが私、宮崎智佐のビジョンです。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おうちで漢方薬膳 , 2019 All Rights Reserved.