薬膳で体質変えよう専門家

漢方&薬膳のプロがオススメする乾燥肌を改善する食材5選!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「500円で薬膳を作る専門家」宮崎智佐です。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーです。
詳しいプロフィールはこちら

 

chiSa
こんにちは。
漢方カウンセラー・養生薬膳アドバイザーのchiSaです。
「スーパーで買える、乾燥肌改善に役立つ食材」をご紹介します!

 

 

乾燥肌にはズバリ!「白きくらげ・梨・もやし・豆腐・松の実」です。

 

 

お肌や喉などの乾燥が気になった時、漢方では「肺」の養生を考えます。
(養生:簡単にいうと”元気にすること”です)
肺というのは他の臓器と違って唯一外気に直接触れる臓器なので
非常に乾燥しやすいんです。
(息をすると、その空気は肺に直接入りますね。
キレイな空気をいつも吸いたい!って思います。)

そしてこの肺の状態が悪くなるとダメージを受けてしまう所の1つが
皮毛(身体の表面、皮膚・汗腺・うぶ毛など)です。
乾燥で皮膚が痒くなったり、ヒリヒリしたり、ガサガサしたり、です。
こう言う状態を改善するには、肺を元気にしてあげましょう。
元気にするってどういうこと?
それは潤してあげるってことになります。

 

 

ぱんこ
肺を潤す??
潤すってことはお水?肺にお水を入れちゃったら溺れて死んじゃう!
ダメだよ!

 

 

chiSa
・・・^^;
大丈夫よ、ぱんこちゃん!食べ物でちゃんと潤すことができるよ。

 

 

それが「白きくらげ・梨・もやし・豆腐・松の実」なのです。
(他にもありますが私のオススメはこの5つです♪)
それでは1つずつ食材を見ていきましょう!

 

 

★オススメ第1位 【  白きくらげ 】

香港スイーツではおなじみの「白きくらげ」
漢方の考え方ってちょっと面白くて「そうなりたいものを食べる」的な
ところがあります。
白きくらげを水で戻すと、少し透明で真っ白、プルップルになります^^☆
本当にもう真っ白プルップル過ぎて私はいつまでもウットリ眺めていられるのです笑
で、この白きくらげは中国四千年の歴史が保障する?くらい美肌効果のある食材です。
美肌効果があると言うことは肺の乾燥を防いでくれると言うことなので
空咳や喉の渇きにも良いのです。

 

 

★オススメ第2位 【  梨 】

梨の旬は秋です。
秋と言う季節は五臓で言うと肺に対応しています。
秋の気配を感じる頃、空気が乾燥してお肌にも夏の疲れが現れたり、
私の場合は鼻の粘膜が乾いてきてピリピリ痛くなります。
(ちなみに肺は鼻とも密接な関係にあります)
これを感じると「あぁ、秋が来たわ〜」と私はなるわけです笑

そんな時に水分たっぷりの梨です。
たっぷりの水分が身体の中にじんわり広がって潤いを与えてくれます。
この”じんわり”がいいのです。

いろんなものが目まぐるしく変化していく毎日を私たちは過ごしています。
いつの間にか「早く!早く!」と何でも急いでしまっているところがありますが
じんわり、ゆっくりと広がり変わっていくものは定着しやすいんじゃないかなぁ、
と思います^^ どうでしょうか?

肺に潤いを与えてくれる梨は乾燥によって発生する熱も冷ましてくれるので
空咳の改善や夏の疲れが出て風邪を引いてしまった時の清熱にもGoodなのです。
風邪で高い熱が出ると身体の中の水分がシュワシュワと蒸発していく感じがあります。
熱が下がったあとに鏡を見ると、あらいやだ!なんだか乾燥ジワが増えたような・・・。
汗をたくさん掻く夏のあと、秋のはじめもこれと似ています。
でもその頃「季節」はちゃんとその時に必要な食べ物を私たちに用意してくれてるんです。
水分たっぷりの梨が旬を迎えます。
*梨は豊水でも幸水でも二十世紀梨でもいいですよ*

 

chiSa
梨は二日酔いにもいいですよ〜

 

 

★オススメ第3位 【  もやし 】

私はもやしが大好きです!
まず値段が安くて、いっぱい食べれる笑
そして水分たっぷり!ほどんど水分!
もやしの中でも「緑豆もやし」がオススメです。

ぱんこ
でもさ、そんなに水分たっぷり過ぎてもいいのかな?
もともと水分の多い”むくみ”の人は余計にむくまない?あと水太りになっちゃうとか。

 

chiSa
もやしは本当に優秀食材なの。
水分たっぷりなんだけど、ちゃんと水分調節もしてくれるの。
身体の中の水の流れをよくしてくれて
むくみの人にも水太りの人にもいいんだよ。

 

ぱんこ
ちょっと買ってくるね!(ピューン)

 

 

食べ方のオススメとしてはピーマン(血の流れをよくしてくれる)もやし
ちゃちゃっと炒めてお塩をパラっとふります。
そこにお肌を引き締め(収れん効果)温めてくれる黒酢をかけます。
はい、あっと言う間に美肌薬膳メニューの出来上がり☆
ぜひ、お試しくださいね。

もやしは本当にいつでもどこでもお安く簡単に手に入るので
毎日少しずつ食べたいです。

 

 

★オススメ第4位 【  豆腐 】

お豆腐も水分たっぷり、見たまんま、ですね。
お豆腐は冷奴で食べると身体を冷やしてしまうので・・・
うーん、でも生姜やねぎなどの薬味と一緒に食べれば冷やし過ぎは防げます・・・
が、しかーし!やっぱり湯豆腐などで食べることをオススメします。
だって、脾(胃)を冷やして弱らせてしまうとお肌がたれてしまう可能性が出てくるからです。
そんなの絶対にイヤですよね^^;
*この「お肌がたれる!」に反応した、あなたにはこちらもオススメです。
「たるみを改善したい人」にはコレ!

★ちなみに豆乳はお肌も潤してくれるし、貧血の改善にお役立ちです。
便秘の改善にもなりますし、苦手でなければ豆乳は超オススメです。

 

 

★オススメ第5位 【  松の実 】

みなさんは松の実って身近な食材ですか?
私はあまり身近ではなく、家でお料理に使うことってほとんど無かったです。
漢方薬膳を勉強するようになって「おぉ〜コレは食べないと」となりました。
松の実は漢方薬にも使われています、その時の呼び名は「海松子(カイショウシ)」と言います。
滋養強壮に優れていて、身体の中の乾燥を防いでくれるので腸が乾燥して起こる便秘にいいのです。
お肌だけでなく髪にも潤いと艶☆キラキラを与えてくれます。
なので髪がパサついたり、爪が乾燥して割れやすい、なんて時にもいいので定期的に食べてみてくださいね。
食べるときは必ずフライパンで軽く空炒り(油を引かずにそのまま炒める)してから食べてください。
オススメの食べ方は「お粥のトッピング」です。
疲れた時にお粥に松の実をトッピングして食べてください、顔色もよくなって元気が出ますよ♪

 

 

chiSa
と、ここまでで5つの食材をご紹介しましたが、
何か気づいたことはないですか?

 

 

ハイ!白い食材が多いと言うことです^^
肺というのは漢方の考え方のベースになっている陰陽五行説でいうと
秋に対応していて色で言うと白になります。
(春は青、夏は赤、土用は黄、秋は白、冬は黒)
この5つ以外でも白い食材は肺を潤し、お肌の乾燥に良い食べ物と言えますよ。

 

毎日のご飯に少しずつ取り入れて潤いのあるお肌を育てて行きましょう♪
この記事を気に入ってくれた、あなた!
こちらの記事もあなたにオススメです^^
→ ササっと10分で作れる美肌メニュー

 

あなた専属「薬膳コンシェルジュ」サービス始めました。メニューからどうぞ^^

チサ

500円で薬膳を作る専門家 LINE@chiSa

この記事を書いている人 - WRITER -
「500円で薬膳を作る専門家」宮崎智佐です。 一般社団法人 日本漢方養生学協会認定 漢方カウンセラー&養生薬膳アドバイザーです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© おうちで漢方薬膳 , 2018 All Rights Reserved.